大型オナホールに適したローションの特徴や選び方【保存版】

オナホ用に適したローション選びに迷われている方必見!当ページでは大型オナホ及び等身大サイズのラブドールの使用に適したローションとはいったいどんなものなのか?ローションの選び方や、オナホ使用に適さないローションの特徴などについてまとめています。ローション選びに迷われている方、悩んでいる方の助けとなれれば幸いです。

  1. オナホに適したローション使っていますか?ローションによってオナホの気持ち良さが違ってきます♪
    1. オナホ使用に向かないローションの特徴!選び方にミスると抜きづらくなります!!(かなり重要)
      1. 液状に近いローションの特徴
      2. オナホ使用で乾きやすいローションの特徴とは?
    2. オナホ使用に適してなかったローションはこれだった
      1. オナホ購入時の付属として付いてきたボトル式ローション
      2. オマケについてくるスティック型ローション
    3. オナホ使用に適したローションはこれでした
        1. 僕がメインで使用しているローションはこれ
  2. 【番外】タイプや目的に応じたローションに関する悩みや選び方に関するトピック集
    1. 【ローション選びの目的に関することや悩み】
      1. ホット系で責めるのか、ねっとり系で責めるのか?どんな感触を味わいたのか?によってローション選びもまた変わってきます!
      2. オナホ挿入で愛用している温感ローション
      3. オナホの臭いに気になる方はクエン酸や化粧水の入ったローションがお勧め(粘度はまぁまぁある方)
      4. AV系ローションはどうなの?
    2. 【ローション使用時に確認してほしい事項】
      1. 使用する際はローションのキャップ形状にも注目
        1. キャップ取り外しタイプのメリットとデメリット
        2. プル式タイプのメリットとデメリット
  3. 【まとめ】自分に適したローションはいろいろ使ってみて確かめていくしか他ない!

オナホに適したローション使っていますか?ローションによってオナホの気持ち良さが違ってきます♪

おは、ラッキー♪

シコ太だよ!

 

皆さん、オナホに適したローションをきちんと使用しておりますでしょうか?ローションとは言え、オナホに適した、適さないローションは数多くあります。

 

大型オナホール相手にハメハメしていらっしゃる

皆様が使用しているローションの見直すという意味合いを持ちまして、管理人が今まで使っていたローションを元に「オナホに使ってはいけないローション」というモノもあるのも少なからずあります。

 

当ページでは、オナホでシコシコしたいオナニストに適したローション選びという観点から、オナホ向けのローションはこういうものだ!という観点にて解説していきます。

では最初に、皆様の今のオナニー環境を見直すという意味合いで、こんなローションはオナホでは使えなかった又は使ってはいけないという特徴を自身の経験を踏まえつつまとめましたので、確認しながら見ていきましょう!

 

オナホ使用に向かないローションの特徴!選び方にミスると抜きづらくなります!!(かなり重要)

まず、オナホ使いに適さないローションの前提としまして

液状に近いローション

乾きやすいローション

オナホ用というなどの明記のないローション

ざっくり言えば、粘度の低いタイプでかつオナホ向けという記載がされているローションがそれらに該当します。

 

液状に近いローションの特徴

まず、液状に近いローションというと例えばどんなものがあるのか?と言いますと、「ASTROGLIDE(アストログライド)」のような水溶性のものがそれに該当します。

 

手コキなどのマスタベーション(オナニー)用途であれば、粘度あるローションタイプよりも、こういった液状タイプに近いものの方が乾きにくくて、扱いやすく、シコりやすいのですが…

オナホで使用する際に水溶性のものですと、ホール内の液漏れが発生し、ベッドシーツを汚してしまう事にもなりかねません!

 

ローションによっては、粘度あると思って購入して使用したら、、ドロドロではなくサラサラな水溶性ローションということもありますので、購入する際は粘度がどのぐらいあるのか事前に確認する必要もあります。

 

※商品自体の「粘度」「オナホ用」という記載があっても、液漏れするぐらいの水溶性に近いローションも存在します。なので、管理人が所有しているローションを参考に、自分にはどのローションが合っているのか事前に確認されることをお勧めします。

 

では、「粘度がある奴購入すればいいのか?」というと、

そうでもなく粘度あるのと同時に乾きにくい物であるのが重要です!

液状に近いローションの特徴についてお話ししましたので、次は乾きやすいローションの特徴やタイプについてお話ていきます。

 

オナホ使用で乾きやすいローションの特徴とは?

乾きやすいローションの特徴と言えば

安いノーブランドのもの

風俗店などでよく使われている業務用ローション

全部が全部ではありませんが、乾きやすいローションの特徴と言えば、私の経験上これらが多かったです。

 

ペペローションなどの一般的なローションだと、行為が長くなるにつれてだんだん乾いてきてローションすべりが悪くなってしまいます。

ペペローションのロング缶は私もよく使用していた一つではありましたが、オナホで使うとなると行為が長くなるにつれて潤滑が悪くなるためどうしても大量に使ってしまうことがあります。

 

事後処理するときも、膣内に大量のペペローションが付いた状態なので洗い落とす時も非常に手間がかかりました。

私が安くても「乾きやすいローション」購入をお勧めしない理由としては、一回当たりの消耗する量がきわめて多くかつオナホ洗浄する際のローション落としの手間が掛かってしまうからです!(ココ重要)

 

こういう理由から、検証以外を除いて

オナホ使用時は安くて乾きやすいローションを使っていません。

 

というように、長い時間挿入セックスを楽しむのであれば、乾きにくいローションをチョイスするのも非常に重要!

オナホ使用に適さないローションについて解説したところで、私管理人が所有しているローション達を交えながら、「オナホ使用に向いているローション、向いていないローション」を動画、画像にて見てきましょうか?

 

オナホ使用に適してなかったローションはこれだった

 

オナホ購入時の付属として付いてきたボトル式ローション

巨大トルソー型ホール購入時についてくるような、この手のボトル式ローション物って粘性はそれなりにあったものの、ペペローション並みに乾きやすかったです。

 

行為中に乾いて継ぎ足しするのが非常に面倒でした。

 

オマケについてくるスティック型ローション

これも先程と同じ内容なので、これに関しては説明不要かな?良くも悪くもただのローション(笑)

 

オナホ使用に向いていないローションの特徴から言わせれば

オナホ使用、オナホ専用という記載がない!

粘度が明らかになさすぎる、中高粘度以上でない!

という認識を持っていただければいいのですが、

但し、モノによってはその例外というものも当然ありまして…

 

オナホ使用と記載はあるものの、確認したら水性に近かったローション

こればっかりはもう使用してみるしか正直分からないのが実情。

 

見分け方は粘度が高いかどうか?これに尽きます!

100%これだという確信はありませんが、ハズレを引かないベストな見分け方は「粘度」高めであるか?これに尽きるのかな?

 

以上の様に、手持ちのローションでオナホに適さないタイプのものがお分かりいただけたかと思います。オナホ用途という記載があるのに、いざ使ってみると液状というものも多いという事実に正直困惑と憤りを感じてしまいました。

ローションを選ぶ際も商品自体の謳い文句に惑わされずに、いろんなものを購入していって自分に合うものをチョイスしていくしかないと思います。

 

オナホ使用に適したローションはこれでした

※管理人が使用してよかったものについて紹介しています。使用感や感じ方には個人差がありますことをご了承ください。

 

ローションウォーマー専用ローション

 

(動画はローションウォーマー使用していない時の状況。粘度が硬すぎて出てこないのが良くわかります♪)

 

ローションウォーマー専用ローションは、ローションウォーマーを使用しないで使用すると、握って絞ったとしても粘度が硬すぎるために出ません!(ここ注意)

 

手間暇は掛かるが、湯煎しても運よく破裂することはありませんでしたので、温めての使用するとなるとやっぱりこれが一番オナホに適した!温感ローションだと私自身思いました。

 

ジェル状に近い粘度で垂れない!が量自体が少なく、やや割高感が感じるのが欠点ではありますが、冬の時期に暖かいローションとして使用するにはとても満足したのは言うまでもありません!

>>ローションウォーマー専用ローションのご購入はこちら

 

粘度が非常にあったホットパワーズ独自のローション「オナホ屋さんの本気汁!!ヌメリの皇太子!!ぬめッパ!!300ml」

ボトル自体を押さないと中身がなかなか出ないほどの硬度で、かつ乾きにくいというオナホ使用にとってはとてもいい条件をただき出してくれた!ホットぱーずの「ぬめっパ」。

これを使うようになってから、ローションに関する考え方がガラリと変わりました♪

 

僕がメインで使用しているローションはこれ

私が今愛用しているのが、ホットパワーズさんで販売している「ヌメリの皇太子!!ぬめッパ!!(ハード)」というものを愛用しています。

一般販売しているローションの金額帯で、乾きにくいという性質上、まったり系のオナホを使用するときを含めオナホとの相性は抜群です!

>>「オナホ屋さんの本気汁!! ヌメリの皇太子!!ぬめッパ!!300ml」のご購入はこちら

 

オナホ用という記載がされているこれらの商品があったが、僕から言わせてもらえば、水性に近いほどサラサラしているので、オナホ本体やイチモツに注入したときにポタポタと垂れてしまいました(涙)

 

【番外】タイプや目的に応じたローションに関する悩みや選び方に関するトピック集

ココでは、目的に応じたローションの選び方や、ローション選びに関する悩みや思ったことをまとめたトピック集となります。

ローションに関して何らか疑問を思ったことや悩みを感じたことについてまとめています。

 

【ローション選びの目的に関することや悩み】

 

ホット系で責めるのか、ねっとり系で責めるのか?どんな感触を味わいたのか?によってローション選びもまた変わってきます!

オナホ使用に最適なローションの特徴が分かったところで

今度はそれぞれのシチュエーション、および温感、ネットリといったあなた自身が感じたい感じ方があるのかもしれません。

冬の寒い時期になると温感ローションを使いたくなったり、ハードな刺激が欲しいとなると粘度の高いねっとりとしたローションを使いたくなるでしょうし…

管理人が使用している温感ローションなど、タイプ別のオナホールについても別途紹介していき解説します。

 

オナホ挿入で愛用している温感ローション

温感ローション選びについては

下記にてまとめてあります。

オナホ使用に適した温感ローション選びで失敗したくない方必見!特徴や選び方、商品の使用感を徹底比較レビュー
冬の寒い日でも気持ちいいオナホセックスを味わいたい方必見!人肌の温もりが得られてかつ、オナホでセックスするときの持続性や気持ち良さ、抜きやすさの手助けとなる!オナホ用途に適した温感ローションの選び方や特徴、商品の検証レビューを一挙公開。温感ローション選びに迷われている方の手助けとなれれば幸いです!

>>オナホ使用に適した温感ローション選びに失敗したくない方必見!特徴や選び方、商品の使用感を徹底比較レビュー

 

 

オナホの臭いに気になる方はクエン酸や化粧水の入ったローションがお勧め(粘度はまぁまぁある方)

手コキで即抜きしたい場合に管理人が使用しているのが、化粧水とクエン酸が配合された!マジックアイズさんのローション「コッテリ濃厚愛液」というものをよく愛用しています。

粘度はまぁまぁあるタイプで、オナホセックスした後のちょっと嫌な臭いすら感じさせない化粧水が混ざった匂いがとてもいい感じでした。

精液(ザーメン)臭いに敏感な女性社員が多い職場で働くときには大変重宝しています♪

>>「コッテリ濃厚愛液ローション360ml」のご購入はこちら

 

AV系ローションはどうなの?

これ気になる方も多いのですが、AVローションも商品によってピンからキリまであるので何とも言いにくいのですが、管理人はこういったAVローションを基本することがないので、コメントについては差し控えていただきます。

 

手コキであればどれを選んでもハズレではないものの、オナホ使用であれば先程申した「ヌメリの皇太子!!ぬめッパ!!(ハード)」のような乾きにくいオナホ一択ではありますね。

>>「オナホ屋さんの本気汁!! ヌメリの皇太子!!ぬめッパ!!300ml」のご購入はこちら

 

【ローション使用時に確認してほしい事項】

 

使用する際はローションのキャップ形状にも注目

ローションには大きく分けて

キャップ取り外しタイプ」のものと

プルタイプ」の二種類のキャップ形状があります。

どちらのタイプを選べばいいのか?迷われている方向けに、どのタイプも使ってきた私の経験からお話しさせていただきます。

 

キャップ取り外しタイプのメリットとデメリット

まず、このようなキャップを取り外せるタイプのものの良い所は、行為中に乾きが発生してもすぐに注入できることですね。

 

販売されているローションの多くがこのタイプのキャップ形状が多く、僕が使用しているローションのキャップ形状もほとんどがこれに該当します(笑)

逆に、僕がこのタイプのキャップ形状に不満やデメリットとして感じたのは、キャップを閉め忘れて転倒したときのローションが漏れてしまうこと。

実際に、行為中にキャップ締め忘れて、気が付いたときにはベッド下がローションまみれになったという事態を何度も味わってきたことがあります。

大量のローションが漏れてしまうと、それを拭きとって除去するのも大変な労力になりますので、もしあなたが蓋タイプのものを購入する際は転倒させて漏れないように気を付けて使用する癖を身に着けておきましょう。

 

プル式タイプのメリットとデメリット

プル式タイプのメリットは、キャップ紛失といったことがなく、使用しない時に何時でも蓋が締めれるという点に尽きます!

 

デメリットとしては、使っていくうちにキャップが閉じれなくなり、半開きになる事ですね。

 

大容量ローションを購入して、使っていくうちにキャップが締まらないとか本末転倒ですよね。プル式のものはミニローションなどの比較的少量タイプのものが多くみられます。

 

【まとめ】自分に適したローションはいろいろ使ってみて確かめていくしか他ない!

自分に適したローションなんて人それぞれ違いますので、使ってみた感じなんて、実際購入して使用してみない限りは何とも言えないのが実情です。

 

オナホ同様に、ローションを使ってみた時の感じ方なんて人それぞれ違いますし(個人差)、僕が愛用しているローションとかも人によっては使いにくかったそれほどでもなかったという方もいらっしゃることですから…あくまで管理人自身が使ってみて良かったというものを例に紹介したにすぎません。

 

が、オナホ用に適したローションは数あれど

液漏れしやすい、乾きやすい

物に関しては、個人差があろうがオナホ使いに適さないローションであることだけは言っておきます!

 

紹介したローション以外にも、各自が色んなローションを使ってみて「自分に合ったローション」をお選びしていただく他ありません。

当ページでは、オナホに適さないローションの特徴および管理人が愛用してるローションの特徴や商品について紹介させていただきました。

もしも、貴方が未だにオナホに適したローション選びに悩んでいるのであれば、その都度当ページを見直していただければ幸いと存じます。

ローション選びでオナホライフを楽しく過ごしましょう!

当ページ「大型オナホに適したローションの特徴と選び方」については以上となります。では、いいオナライフを♪

 

タイトルとURLをコピーしました